環境省など、名古屋港におけるヒアリ確認情報を公表(20例目)

発表日:2017.10.03

環境省と国土交通省は、名古屋港において、特定外来生物のヒアリ(Solenopsis invicta)が確認されたと発表した。両省では、平成29年8月から中国、台湾等からの定期コンテナ航路を有する68港湾におけるヒアリ調査を実施している。今回、愛知県弥富市の名古屋港鍋田ふ頭コンテナターミナルでの調査(目視調査)において、平成29年9月29日にヒアリと疑われるアリ(働きアリ2個体)を発見し、10月2日に専門家によりヒアリであることが確認された。確認した個体は殺虫処分するとともに、確認した地点の周辺に殺虫餌(ベイト剤)及びトラップを設置している。環境省では今後、発見地点周辺において愛知県、名古屋港管理組合等と協力し、ヒアリ発見地点の周辺2km程度の調査を追加で実施する予定という。なお、6月の国内初確認以降のヒアリの確認事例は10月3日現在で11都府県・20事例目となった。

新着情報メール配信サービス
RSS