環境省、名古屋港におけるヒアリの確認情報を公表(16例目)

発表日:2017.09.01

環境省は、名古屋港において、特定外来生物のヒアリ(Solenopsis invicta)が確認されたと発表した。これは、中国・天津港から出航した貨物船にて、平成29年8月21日に愛知県弥富市の名古屋港鍋田ふ頭で陸揚げされ、陸路にて愛知県名古屋市港区の名古屋港船見ふ頭の事業者敷地に運ばれた貨物コンテナ(1個)内部より、同月30日・31日に発見されたもの。発見された個体(女王アリ1個体を含む約1,000個体)は、すでに全て殺虫処分しており、確認地点周辺や当該コンテナが一時的に留め置かれた地点周辺では、名古屋港管理組合等によりベイト剤(殺虫餌)及びトラップが設置されている。同省では今後、発見地点周辺において愛知県、名古屋市等と協力し、ヒアリ確認地点の周辺2km程度の調査を実施する予定。なお、6月の国内初確認以降、これまでのヒアリの確認事例は9月1日現在で11都府県・16事例となった。

新着情報メール配信サービス
RSS