横浜市、「横浜ブルーカーボン」にLNG燃料タグボートが参加

発表日:2017.10.18

横浜市は、海洋資源を活用した脱温暖化プロジェクト「横浜ブルーカーボン」にLNG(液化天然ガス)燃料タグボートが参加すると発表した。環境未来都市・横浜市では、「横浜ブルーカーボン」において、横浜市独自のカーボン・オフセットによる取組を平成26年度から開始している。これまでは、「地元産わかめの地産地消」と「海水ヒートポンプの導入」によるCO2削減効果で、クレジット(CO2の排出削減量・吸収量)を創出してきた。今回、新たな取組として、重油よりも環境に優しいLNGを燃料とする「LNG燃料タグボートの導入」によるCO2削減効果でクレジットを創出し、スポーツイベント等の開催で排出されたCO2のオフセット(埋め合わせ)を行という。

新着情報メール配信サービス
RSS