環境省、大阪府八尾市においてヒアリを確認(平成30年初)

発表日:2018.05.10

環境省は、平成30年5月9日、大阪府八尾市の住宅内において特定外来生物ヒアリ(Solenopsis invicta)が確認されたと発表した。当該住宅内で、小売店で購入した製品の梱包を解いたところ、箱の中から死亡したアリ1個体が発見され、購入者が輸入業者に連絡し、業者から通報を受けた環境省が1次スクリーニングを行った。ヒアリ類の疑いがあると判断されたため、同省が専門家に同定を依頼した結果、翌10日にヒアリ(無翅女王アリ・1個体)であると同定された。この製品は、4月上旬に中国広東省の工場で梱包され、コンテナ積載されて出航したもので、4月中旬に大阪港に到着・陸揚げされてから事業者倉庫内(大阪府泉大津市内)にて保管後、八尾市内の小売店に出荷された。同省では、発見時の状況から当該アリが発見場所周辺からの侵入し、または他の個体が周辺へ逸出した可能性は低いと見ている。ヒアリの確認事例は、昨年6月に確認されてから27事例となった。

新着情報メール配信サービス
RSS