環境省、名古屋港におけるヒアリの確認および対応状況を発表

発表日:2018.07.05

環境省は、名古屋港で特定外来生物ヒアリ(Solenopsis invicta)が確認され、殺虫処分や目視調査等を実施したと発表した。平成30年7月3日、名古屋港の飛鳥ふ頭(愛知県海部郡飛島村)において、コンテナの清掃中に約20個体のアリが発見されたため、事業者は名古屋港管理組合に通報した。その後、同組合から連絡を受けた中部地方環境事務所は、発見した個体すべての殺虫処理等を事業者に指示するとともに、積荷周辺における目視調査を行い、アリ数個体の殺虫処分を行った。専門家に同定を依頼した結果、平成30年7月5日にヒアリであることが確認され、関係機関および事業者によるベイト剤およびトラップの設置、コンテナの密封・燻蒸消毒も実施されている。なお、当該コンテナは、平成30年6月12日に中国の廈門(アモイ)港を出港し、7月2日に同港の鍋田ふ頭(愛知県弥富市)に入港した貨物船に積載されていたものであるため、同ふ頭のコンテナターミナルにおける目視調査なども行われている。

新着情報メール配信サービス
RSS