滋賀県、「しが生物多様性取組認証制度」キックオフセミナーを開催

発表日:2018.08.20

滋賀県は、「しが生物多様性取組認証制度」キックオフセミナーを開催すると発表した。同県では、事業者が行う生物多様性保全に関する取組を、項目数に応じて評価(1つ星~3つ星)し、知事が認証する「しが生物多様性取組認証制度」を創設した。今回、同制度のキックオフイベントとして、2018年9月14日に草津市内で、1)「SDGs に貢献し ESG 投資を呼び込む生物多様性の活動」に係る基調講演、2)県内の取組事例の発表などを行う。制度の運用を通じて、琵琶湖を擁し10,000種を超える生きものが生息する滋賀の豊かな生物多様性を次世代に引き継ぐとともに、自然資源を持続可能な形で利用している事業者の取組を応援し、さらにその取組の輪を広げていくという。

新着情報メール配信サービス
RSS