京セラミタ(株)、環境性と高画質を両立するバイオカラートナーの開発に世界で初めて成功

発表日:2009.12.09

京セラミタ(株)は、環境負荷低減に貢献する取り組みの一環として、プリンタや複合機の印刷に用いられるカラートナーにおいて、世界で初めて植物由来の原材料を用いたバイオカラートナーの開発に成功したと発表した。現在、紙に印刷されたトナーは、紙を再資源化する際に除去された後、廃棄焼却されている。今回開発に成功したトナーは、原材料の約30%に植物由来原料を採用することにより、従来の石油由来原料を用いたトナーと比較し、廃棄焼却時のCO2排出量を削減できるのが特長。これにより廃棄焼却時のCO2排出の一部において、大気中のCO2の総量に影響を与えない「カーボンニュートラル」を実現している。また、同トナーは、同社独自の制御技術により、環境性だけでなく高画質も実現。同社は今後、同開発品の早期製品化に向けて開発を継続していくという。

新着情報メール配信サービス
RSS