(独)新エネルギー・産業技術総合開発機構など、先進の水循環システムの技術開発等を行う「ウォータープラザ」を北九州に開設

発表日:2010.02.26

(独)新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)と北九州市は、先進の水循環システムの技術開発・運営実証・情報発信拠点となる「ウォータープラザ」を北九州市に開設するため、覚書を締結した。また、NEDOの委託を受けて、(株)日立プラントテクノロジーと東レ(株)が、北九州市と実証研究の基本契約を締結した。このウォータープラザは、省エネルギー・省水で環境に調和した水循環システムの構築と、その国際社会への普及促進に寄与するため、海水淡水化と下水再利用の統合による低コスト・低動力の新規造水システムのデモプラントと、複数の実証実験を同時に行えるテストベッドから構成される。今後、官民が連携して、持続的な水利用に係る処理技術の開発及び管理運営ノウハウの蓄積、国内外への情報発信・技術普及等を図るという。

情報源 (独)新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO) プレスリリース
(株)日立プラントテクノロジー ニュースリリース
東レ(株) プレスリリース
機関 (独)新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO) (株)日立プラントテクノロジー(現:(株)日立製作所) 東レ(株)
分野 水・土壌環境
キーワード 省エネルギー/海水淡水化/新エネルギー・産業技術総合開発機構/NEDO/東レ/日立プラントテクノロジー/北九州市/水循環/ウォータープラザ/下水再利用
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS