三菱ふそうトラック・バス(株)、排出ガス後処理装置用の尿素水の供給体制を大幅拡大

発表日:2010.07.20

三菱ふそうトラック・バス(株)は、同社が全面的に採用している自動車排出ガス後処理装置(再生制御式DPF+尿素SCR)で使用し、特にNOxの大幅な低減に寄与する尿素水について、その供給体制を大幅に拡充したと発表した。従来、国内でこの尿素水を購入できるのは、約1,000ヶ所のトラックステーションおよび約500ヶ所の販売会社拠点の合計約1,500ヶ所であったが、今回、一般のサービスステーション(SS)や、全国約400ヶ所の三菱ふそう指定サービス工場においても取り扱いを開始した。また、新たに携帯性に優れた5リットルの供給容器を商品化し、全国の三菱ふそう販売店で取り扱いを開始した。さらに、(株)大塚商会が運営するネット通販で2010年8月より、上記5リットル容器の取り扱いを開始するという。同社が採用している排出ガス後処理装置は、PMやNOxの大幅低減と、燃費向上によるCO2削減により、高い環境性能と経済性を実現し、平成21年22年排出ガス規制(ポスト新長期規制)にも適合している。

情報源 三菱ふそうトラック・バス(株) ニュースリリース
機関 三菱ふそうトラック・バス(株)
分野 地球環境
大気環境
キーワード DPF/CO2/NOx/PM/自動車排出ガス/ポスト新長期規制/サービスステーション/排出ガス規制/三菱ふそうトラック・バス/尿素
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS