(独)海洋研究開発機構、統合国際深海掘削計画(IODP)第337次研究航海を開始

発表日:2011.03.07

(独)海洋研究開発機構(JAMSTEC)は、統合国際深海掘削計画(IODP)研究航海および日本学術振興会による最先端研究基盤事業「海底下実環境ラボの整備による地球科学-生命科学融合研究の強化(「ちきゅう」を活用)」の一環として、地球深部探査船「ちきゅう」による研究航海「下北八戸沖石炭層生命圏掘削調査」を開始する(期間:平成23年3月15日~5月21日の68日間)。この研究航海は、海底下深部に埋没した石炭層を根源とするメタンハイドレート・天然ガスの炭素循環システムの理解、有機物の分解やエネルギー物質生産に関連する地下微生物活動の実態解明、海底下深部地層への二酸化炭素隔離の可能性等の追究を目的とする。科学海洋掘削における世界最高到達深度(海底下2111m以深)からのサンプル採取の他に、地殻内流体の現場化学測定やメタンハイドレート層の保圧コア採取等を行い、「ちきゅう」船上で様々な分野の研究が実施される。同航海には、日本のほか、米国、ドイツ、イギリス、フランス、オーストリア、デンマーク、カナダ、中国から、計32名が乗船する予定。

新着情報メール配信サービス
RSS