(独)海洋研究開発機構、統合国際深海掘削計画(IODP)第336次研究航海を開始

発表日:2011.09.08

統合国際深海掘削計画(IODP)研究航海の一環として、米国が提供するジョイデス・レゾリューション号による研究航海「大西洋中央海嶺の掘削および長期孔内観測による地下生命圏の解明」が開始されることを、(独)海洋研究開発機構(JAMSTEC)が発表した(期間:平成23年9月17日~11月17日)。この研究航海は、海底下に広がる帯水層とそこに生息する海洋地殻内微生物との関連性を明らかにすることで、海洋地殻内生命圏の実態解明を目指すもの。北大西洋中央海嶺西翼部North Pondにおいて、海底下の堆積物層および玄武岩層の掘削と、物理検層による孔内物性計測、そして長期孔内観測装置(CORK)による微生物学-地球化学-水理学統合観測・実験を行う。主な目的として、1)海洋地殻内における微生物の分布、2)海洋地殻内における海水の循環様式と化学的特徴、およびその微生物分布様式への影響、3)海洋地殻を循環する海水と地殻との反応に対して海洋地殻内微生物が果たす役割、の3つを検証する。この航海には、日本のほか、米国、欧州、中国、韓国、インドから計20名が乗船研究者として乗船する予定。

新着情報メール配信サービス
RSS