トヨタ自動車(株)、北米国際自動車ショーで次世代PHVのコンセプトカーを発表

発表日:2012.01.11

トヨタ自動車(株)は、2012年1月9日(月)から22日(日)まで米国デトロイトで開催される2012年北米国際自動車ショーに、次世代プラグインハイブリッド車(PHV)のコンセプトカーを出展すると発表した。同コンセプトカーは、エコカーが当然のように普及していると考えられる2015年頃を想定し、様々な環境技術や先進の安全技術などを搭載。車室内の快適性と低燃費を実現するため、光を透過して室内を明るくできるシースルーソーラーパネルや、高UV(紫外線)カット・熱反射ガラスなどを採用。ソーラーパネルで発電した電力は、プレ空調などに活用し、炎天下の駐車時も車室内温度の上昇を抑制するという。同社では、この他、ハイブリッド車・PHVなどの4車種や、セダンタイプの次世代燃料電池自動車コンセプトカーも出展する。

新着情報メール配信サービス
RSS