環境省、自衛隊による役場の除染に関する報告書を公表

発表日:2012.03.27

環境省は、自衛隊による役場の除染に関する報告書を公表した。同省は、本格的な除染の実施に先立ち、除染を進める上での計画作りや連絡調整を行うにあたって、必要最小限の機能を回復させるためには、自治体の行政機能の中心で、かつ除染の前線基地ともなる役場の除染が最優先であるとの見解の下、警戒区域及び計画的避難区域内の4役場(楢葉町、富岡町、浪江町、飯舘村)の除染作業を実施(平成23年12月7日~19日)した。今回、今後の除染作業の参考としていくため、除染作業の内容を報告書としてまとめた。同書は、「除染の概要」、「実施内容」、「除染の結果」、「考察」の4章立てで構成され、「実施内容」では、事前モニタリング・事前除染試験・除染計画、対象ごとの除染作業等についてまとめられている。また、「除染の結果」には、1m高さの空間線量率の低減率、廃棄物の発生量・処理状況等が記載され、さらに、添付資料として、役場ごとに、除染の結果概要、除染実施前後の地上1m高さの空間線量率マップ、除染実施前後の放射線測定データが添付されている。

新着情報メール配信サービス
RSS