川崎重工業(株)、舶用ディーゼル主機における排気再循環システムを開発

発表日:2012.05.17

川崎重工業(株)は、舶用ディーゼル主機における排気再循環(EGR)システムを開発したと発表した。国際航海に従事する船舶は、2016年1月から実施される国際海事機関(IMO)の3次規制により、特定規制海域では舶用ディーゼル機関からのNOx排出量を1次規制比で80%削減することが義務づけられる。今回開発したEGRシステムは、排ガスの一部をエンジンに還流させることによりシリンダー内の燃焼温度を下げ、NOxの生成を抑制するもの。EGRシステム単独ならびにEGRシステムと水エマルジョン燃料との組合せの両方において、舶用ディーゼル主機の窒素酸化物(NOx)排出量をIMOの3次規制値以下に低減させることに成功した。同社では、同システム最適化のための開発を継続するとともに、実船搭載に向けてEGRシステムの主要機器をディーゼル主機に装備したパッケージ型EGRシステムの設計を進め、2015年を目処に市場投入する予定という。

新着情報メール配信サービス
RSS