(株)日立製作所、直接メタノール形燃料電池向けに電池コストを低減できる電極を開発

発表日:2012.10.10

(株)日立製作所は、直接メタノール形燃料電池(DMFC)向けに、電池のコストを低減できる電極を開発したと発表した。近年、災害時や室外での電源確保が難しい場合に使用できる可搬型電源へのニーズが高まっている。また環境配慮の観点から、二酸化炭素排出量を抑制可能な電源も求められており、燃料電池はこれらの要求に応えるクリーンな発電システムとして期待されている。今回開発したのは、白金を使用しない電極で、1)窒素ドープカーボン触媒:空気中の酸素還元反応を行う空気極、及び、2)パラジウム-ルテニウム合金触媒を適用した電極:メタノールの酸化反応を行う燃料極。これらを使用することで、これまで電極の触媒に使用されている高価な白金を使うことなく発電できるため、従来と比べて電池のコストを約45%低減することができる。また、電極構造の最適化により、発電性能の向上を実現した。同社では今後、災害時や室外使用向けのポータブル機器用途など、小型電源への適用をめざすという。

新着情報メール配信サービス
RSS