政府、第五次環境基本計画(閣議決定)を公表

発表日:2018.04.17

環境省は、平成30年4月17日に、第五次環境基本計画が閣議決定されたと公表した。環境基本計画は、環境基本法に基づき、政府全体の環境保全施策の総合的かつ計画的な推進を図るため、総合的かつ長期的な施策の大綱などを定めるもの。平成29年2月、環境大臣が前計画(平成24年4月策定)の見直しについて中央環境審議会に諮問し、約1年間の審議を経て、平成30年4月9日に第五次環境基本計画が答申された。SDGs(持続可能な開発目標)やパリ協定などの国際的な潮流があるなか、1)イノベーションの創出、経済・社会的課題の同時解決などの基本的考え方の下で、2)分野横断的な6つの重点戦略(経済、国土、地域、暮らし、技術、国際)を設定し、3)環境リスク管理等の取組を「重点戦略を支える環境政策」として揺るぎなく着実に展開することなどが盛り込まれている。

新着情報メール配信サービス
RSS