環境省、(仮称)大崎鳥屋山風力発電事業に係る計画段階環境配慮書に対する環境大臣意見を公表

発表日:2019.10.18

環境省は、(仮称)大崎鳥屋山風力発電事業に係る計画段階環境配慮書に対する環境大臣意見を、経済産業大臣に提出したと発表した。同事業は、ジャパン・リニューアブル・エナジー(株) が、最大で総出力75,000kWの風力発電所を設置するもの。環境大臣意見では、ゾーニングモデル事業において宮城県が「風力発電導入可能性エリア」として示した区域を参考に想定区域が設定されており、当該事業において示された留意事項等に則し、騒音及び風車の影による生活環境への影響並びに鳥類、景観に対する影響等について、調査、予測及び評価を行い、その結果を踏まえた風力発電設備の適切な配置及び環境保全措置の適切な実施等により、同事業に係る環境の保全について適正な配慮が確保されることが期待される等を述べている。

情報源 環境省 報道発表資料
機関 環境省
分野 環境総合
キーワード 環境省 | 風力発電所 | 宮城県 | 環境大臣意見 | ジャパン・リニューアブル・エナジー | 計画段階環境配慮書 | 経済産業大臣 | 大崎鳥屋山風力発電事業
関連ニュース

関連する環境技術

新着情報メール配信サービス
RSS