環境省、(仮称)沼津真城山風力発電事業に係る計画段階環境配慮書に対する環境大臣意見を公表

発表日:2020.06.30

環境省は、(仮称)沼津真城山風力発電事業に係る計画段階環境配慮書に対する環境大臣意見を、経済産業大臣に提出したと発表した。同事業は、ジャパン・リニューアブル・エナジー(株)が、静岡県沼津市において、最大で出力42,000kWの風力発電所を設置するもの。環境大臣意見では、1)風力発電設備への衝突事故や移動の阻害等による鳥類への影響を回避又は極力低減すること、2)富士箱根伊豆国立公園内の風力発電設備の設置を原則回避すること、3)同公園内の主要な眺望点から、富士山及び駿河湾を展望する景観を著しく妨げ、山稜線を分断する等眺望の対象に著しい支障を及ぼす風力発電設備の配置等を回避すること等を求めている。

情報源 環境省 報道発表資料
機関 環境省
分野 環境総合
キーワード 環境省 | 風力発電所 | 静岡県 | 環境大臣意見 | ジャパン・リニューアブル・エナジー | 計画段階環境配慮書 | 経済産業大臣 | 沼津市 | 沼津真城山風力発電事業
関連ニュース

関連する環境技術

新着情報メール配信サービス
RSS