環境省、令和2年度「体験の機会の場」と連携した環境教育の研修を紹介

発表日:2020.11.02

環境省は、環境教育の研修「『自然との共生を目指す』~清里高原での環境教育」を開催すると発表した。この研修は、令和2年度教職員等環境教育・学習推進リーダー育成研修の一環として、「体験の機会の場」の充実・拡大に関する協定を踏まえ、「体験の機会の場」研究機構と連携して行うもの。令和2年11月17日に山梨県北杜市で、持続可能な社会づくりや環境教育に関心のある方(企業・団体職員、学校教職員、行政関係者、大学生等)を対象に開催される。研修では、同研究機構加盟事業者である(公財)キープ協会を訪れ、持続可能な社会の構築に向け、企業や地域の団体が、環境教育やESD(持続可能な開発のための教育)による人づくりに取り組む意義やノウハウ等を学びます。特に、「体験活動」を取り入れた環境教育について、企画や実施のポイントを紹介するという(事前申込制、参加費:無料)。

新着情報メール配信サービス
RSS