欧州化学物質庁、15種類の高懸念物質について意見を募集

発表日:2009.09.01

欧州化学物質庁(ECHA)は、「高懸念物質」に指定する可能性のある物質として、15種類の化学物資を提案し、意見の募集を開始した。これらの物質は、EU・欧州経済地域諸国、欧州委員会から提案されたもの。意見募集期間は2009年10月15日までで、寄せられた意見は、ECHAの加盟国委員会に提出され、これらの物質を高懸念物質に指定するか検討する際に考慮される。同委員会が同意した場合、これらの物質は候補リストに掲載され、その後、REACH規則に基づく認可対象物リストに掲載される可能性がある。今回、提案された15物質のうち、発がん性・変異原性・生殖毒性物質(CMR)とされたのはアクリルアミド、フタル酸ジイソブチル、クロム酸鉛等9種類。難分解性・生物蓄積性・毒性物質(PBT)とされたのは、アントラセンオイル等5種類。さらに、CMR、PBT両方の性質があると考えられる物質としてコールタールピッチが挙げられている。

新着情報メール配信サービス
RSS