EU、風力エネルギー開発と生物多様性保全の両立を図るガイドラインを発表

発表日:2010.10.29

欧州委員会(EC)は、EU域内の自然保護地域における風力エネルギー開発のガイドラインを発表した。生物多様性と種の保全に関するEUの法規制を遵守しながら、再生可能エネルギー目標の達成を図ることを目的とし、戦略的な計画立案と適切なアセスメントの必要性を強調している。2020年までにエネルギー総消費量の20%を再生可能エネルギーでまかなうとするEUの目標値達成のため、風力エネルギーは重要な位置を占める。本来、風力発電は野生生物にとって脅威とはならないが、発電所の立地や設計が不適切であれば、脆弱な種や生息地を脅かすおそれがある。ガイドラインは、EU規模の自然保護区ネットワーク「ナチュラ2000」に適用され、風力エネルギー開発を行う際の要件を明確にするもの。ナチュラ2000内での発電所設置は必ずしも排除されていないが、ケースバイケースで評価される必要があるとしている。

新着情報メール配信サービス
RSS