トヨタ自動車(株)、第43回東京モーターショーに燃料電池自動車などを出展

発表日:2013.11.05

トヨタ自動車(株)は、平成25年11月20日から12月1日まで東京ビッグサイトで開催される第43回東京モーターショー2013の出展概要を発表した。今回、実用性の高いセダンタイプの次世代燃料電池自動車、未来のクルマを具現化したコンセプトカー、次世代タクシーなどを出展する。このうち燃料電池自動車(FCV)は、2015年に市販を開始するもので、小型・軽量化した自社開発の新型燃料電池(FCスタック)や70MPa高圧水素タンク2本を配置する。実用航続距離は500km以上、水素充填は3分程度で満充填可能。また、外部電源供給能力は、一般家庭の使用電力1週間分以上という。このほか、コンパクトハイブリッドスポーツ車をはじめ、2013年3月のジュネーブモーターショーでワールドプレミアしたパーソナルモビリティ、オープンFRスポーツ車も展示するという。

新着情報メール配信サービス
RSS