大日本印刷、バイオマス度98%の飲料用紙容器を開発

発表日:2014.09.30

大日本印刷(株)は、バイオマス度98%の飲料用紙容器を開発し、平成26年12月に発売開始すると発表した。同社では、環境への負荷や持続可能性、生物多様性に配慮した多様な包装材を積極的に開発している。2012年に植物由来の原料を含むポリエチレンテレフタレート(PET)を使ったPETフィルム、2013年には酸素と水蒸気の高いバリア性と透明性を両立させた透明蒸着バリアフィルム、2014年7月にはバリア性と遮光性に優れたアルミ蒸着フィルムを開発した。今回開発した製品は、バイオマス度95%のバイオマスポリエチレンを、森林管理協議会(FSC)の森林認証紙の表裏にラミネートすることによって、容器全体として約98%のバイオマス度を達成したもので、インキを除き、ほぼ100%バイオマス化を実現した。同社では今後、食品や飲料、日用品のメーカーに提供している包装材を、可能な限り植物由来の製品に切り替えるよう働きかけていく方針という。

新着情報メール配信サービス
RSS