大日本印刷、バイオマスプラスチックを使用した断熱紙容器を開発

発表日:2014.12.08

大日本印刷(株)は、バイオマスプラスチックを使用した断熱紙容器を開発し、平成26年12月11日に発売すると発表した。味噌汁やスープ、ラーメンやどんぶり物などの容器として幅広く採用されている従来品の断熱紙容器は、紙製の内カップと外装紙の間に断熱効果を生む空気層を形成したもので、紙カップの内面にポリエチレンテレフタレート(PET)フィルムやナイロンフィルムをポリエチレン樹脂で貼り合わせている。今回開発した製品は、PETフィルムやナイロンフィルムの代わりに植物由来原料のPETフィルム、ポリエチレン樹脂の代替として植物由来のポリエチレン樹脂を使用したもの。もともと植物を原料とする紙の外装部分を含めたすべての層で植物由来の材料を用いることになり、容器全体で95%以上のバイオマス度を達成した。製品1個あたりのライフサイクルで、石油由来材料を使用した従来品と比較して、CO2排出量を約13%削減できるという。

新着情報メール配信サービス
RSS