大日本印刷、植物由来原料の高機能フィルムを使用した注出口付き詰替え用パウチを発売

発表日:2014.10.02

大日本印刷(株)は、植物由来原料の高機能フィルムを使用した注出口付き詰替え用パウチを開発し、平成26年10月に発売開始すると発表した。同社では、環境への負荷や持続可能性、生物多様性に配慮した多様な包装材を積極的に開発している。その一環として、1999年に樹脂の使用量を大幅に削減できる詰め替え用のパウチを、2012年にノズルを付けてより注ぎやすさを高めたパウチを開発した。今回開発した製品は、積層して製造する部材のうち、最も内側で内容物と接する層を植物由来原料のポリエチレン(PE)フィルムに置き換えるとともに、使用量を従来品より38%削減したもの。強度や接着性など、包装材としての機能は、石油由来のフィルムを使用した従来品と同等レベルを実現している。また、酸素や水蒸気の透過を抑えるバリア層に植物由来原料で製造したポリエチレンテレフタレート(PET)フィルムを使用し、注出口部の注出補助部材にも安定した注出性能を損なわない植物由来の原料を使用している。

新着情報メール配信サービス
RSS