大日本印刷、バイオマスプラスチックを使用した電子レンジ用包装材を開発

発表日:2015.05.14

大日本印刷(株)は、バイオマスプラスチックを使用した電子レンジ用包装材を開発し、2015年5月に販売を開始すると発表した。同社では、2012年に植物由来原料を一部に使用したPETフィルムを開発する一方、2003年よりスーパーなどで販売されている袋の状態のまま電子レンジで加熱できる包装材を開発している。今回開発した製品は、植物由来原料によるバイオマスプラスチックを使用した低密度ポリエチレン(LDPE)フィルムの開発に成功し、全ての層にバイオマスプラスチックを使用したもの。インキや接着剤を除くすべてのフィルム層に植物由来の材料を用いることにより、容器全体で最大約60%のバイオマス度を達成した。製品のライフサイクル全体で環境負荷の低減効果を定量的に評価するLCA(Life Cycle Assessment)で、石油由来のフィルムを使用した従来品と製品1個あたりのライフサイクルでのCO2排出量を比較すると、最大で約14%削減できるという。

新着情報メール配信サービス
RSS