東芝、ハウステンボスから自立型水素エネルギー供給システムを受注

発表日:2015.10.07

(株)東芝は、ハウステンボス(株)から2016年3月にオープン予定のスマートホテル第二期棟に設置する自立型水素エネルギー供給システムを受注したと発表した。同システムは、エネルギーインフラが十分整っていない地域でも、再生可能エネルギーと水素を活用して、ホテル・リゾート施設内のエネルギーを自給自足できる自然環境に配慮したCO2フリーの自立型水素エネルギー供給システム。日照時間が長い夏季に太陽光発電で発電した電気の余剰電力を利用し、水素製造装置で水素を製造して、水素タンクに貯蔵する。冬季にその貯蔵した水素を利用して、燃料電池で発電することにより、年間を通じてホテル1棟分の電力量を供給する。また、同システムには、水素を高密度で貯蔵できる水素吸蔵合金を水素貯蔵タンクとして搭載されており、従来利用していた水素タンクと比べて、貯蔵タンクのサイズを10分の1以下に小型化し、敷地面積が限られる場所への設置も可能としている。

新着情報メール配信サービス
RSS