環境省、生物多様性条約第19回科学技術助言補助機関会合(SBSTTA19)等の結果を公表

発表日:2015.11.16

環境省は、カナダのモントリオールで開催された、生物多様性条約第19回科学技術助言補助機関会合(SBSTTA19)(平成27年11月2日~5日)並びに第9回条約第8条(j)項及び関連条項に関するアドホック公開作業部会(WG8(j)9)(平成27年11月4日~7日)の結果を公表した。SBSTTA19では、生物多様性の主流化を含む、戦略計画2011-2020の実施に関する戦略的な科学技術的課題、及びIPBES(生物多様性及び生態系サービスに関する政府間科学-政策プラットフォーム)の作業計画を踏まえたSBSTTAの取り組み等について議論され、8本の勧告が採択された。WG8(j)9では、条約第8条(j)項及び関連条項の実施推進等について議論され、5本の勧告が採択された。これらの勧告は、平成28年12月にメキシコのカンクンで開催予定のCOP13等で検討される予定という。

新着情報メール配信サービス
RSS