環境省、生物多様性条約締結国会議(第14回)に関する2つの会合の結果を公表

発表日:2018.07.19

環境省は、生物多様性条約締約国会議(締結国:196ヵ国(平成30年7月19日現在))の第14回会合(平成30年11月にエジプトで開催予定)に向けた2つの会合の開催結果を公表した。平成30年7月2日~7月13日の間に、カナダのモントリオールにおいて、条約の実施状況について科学的な見地からの検討を行う「科学技術助言補助機関会合(SBSTTA)」の第22回会合と、条約の構造とプロセスを効率化するための検討を行う「条約実施補助機関会合(SBI)」の第2回会合が開催された。SBSTTA 22では、保護地域およびその他の効果的な地域をベースとする保全手段や、生物多様性と気候変動などが議論され、10本の勧告が採択された。一方、SBI 2では、エネルギー分野、鉱業、インフラストラクチャー分野、製造業、加工業および健康分野における生物多様性主流化や、2020年以降の新たな生物多様性の世界目標に関する準備プロセスなどが議論され、20本の勧告が採択された。これらの会合の結果は、生物多様性条約締約国会議の決定案に反映されるという。

新着情報メール配信サービス
RSS