環境省、生物多様性条約第23回科学技術助言補助機関会合(SBSTTA23)等の結果を公表

発表日:2019.12.05

環境省は、カナダのモントリオールで開催された、生物多様性条約第23回科学技術助言補助機関会合(SBSTTA23)(令和元年11月25日~29日)及び第11回条約第8条(j)項及び関連条項に関するアドホック公開作業部会(WG8(j)11)(同月20日~22日)の結果を公表した。SBSTTA23では、ポスト2020目標の科学技術的な基礎となるエビデンス及び生物多様性と気候変動の関係などについて議論し、令和2年5月に出版予定のGBO5の推敲を続けることの要求を含む7本の勧告が採択された。WG8(j)11では、COP15における採択に向けたポスト2020目標策定作業への統合に向けた第8条(j)項作業計画案などについて議論され、4本の勧告が採択された。これらの勧告は、令和2年10月に昆明(中国)にて開催予定の第15回締約国会議(COP15)等で検討される予定。また、日本としても引続き条約事務局への意見提出や今後の会議での提案等、ポスト2020目標の策定に貢献するという。

新着情報メール配信サービス
RSS