環境省、生物多様性条約第15回科学技術助言補助機関会合(SBSTTA15)の結果を公表

発表日:2011.11.21

環境省は、平成23年11月7日(月)~11日(金)に、モントリオール(カナダ)で開催された「生物多様性条約第15回科学技術助言補助機関会合(SBSTTA15)」の結果を公表した。同会議では、1)2011年から2012年までの戦略計画(愛知目標)の指標枠組、2)生物多様性の持続可能な利用、3)生態系回復の支援方策、4)世界分類イニシアティブ(GTI)能力養成戦略案、5)侵略的外来種、6)内陸水の生物多様性、を主な議題として、合計8つの勧告案が科学技術的観点から議論され、勧告(一部留保が付いたものを含む)が採択された。なお、これらの勧告は来年10月にインド・ハイデラバードで開催される生物多様性条約第11回締約国会議(COP11)で検討される予定という。

新着情報メール配信サービス
RSS