環境省、静岡県袋井市におけるアカカミアリの確認情報を公表

発表日:2017.09.08

環境省は、静岡県袋井市において、特定外来生物のアカカミアリ(Solenopsis geminata)が確認されたと発表した。タイのレムチャバン港を出港し、ベトナムのホーチミン港に寄港し、静岡県静岡市の清水港新興津ふ頭コンテナヤードで陸揚げされ、同県袋井市の事業者敷地に運ばれた貨物コンテナ(1個)の内部でアリ4個体が発見された(平成29年9月6日)。これを受けて、清水港袖師第1ふ頭に返却されたコンテナを静岡県清水港管理局が確認したところ、内部で約100個体(幼虫12個体・蛹5個体を含む)を確認した。その後8日にアカカミアリであることが確認された。確認された個体は全て殺虫処分し、コンテナ内及びその周辺には、静岡県清水港管理局によりベイト剤(殺虫餌)及び捕獲トラップが設置された。その後、新たに疑わしいアリは確認されていないという。

新着情報メール配信サービス
RSS