愛知県、名古屋港におけるアカカミアリの確認情報を公表

発表日:2017.09.29

愛知県は、愛知県海部郡飛島村の名古屋港飛島ふ頭において、特定外来生物のアカカミアリ(Solenopsis geminata)が確認されたと発表した。これは、環境省及び国土交通省が実施している68港湾におけるヒアリ調査において、同ふ頭のコンテナターミナル内で粘着トラップ設置と併せて実施した目視調査により、平成29年9月24日に発見されたもの。確認された個体(働きアリ1個体)は殺虫処分しており、現段階では飛島ふ頭のコンテナターミナル周辺からの発見情報はないという。同県では、確認した地点の周辺において、中部地方環境事務所、名古屋港管理組合等と協力して、粘着トラップ及びベイト剤を設置している。

新着情報メール配信サービス
RSS