JAMSTECなど、アメリカの大気汚染物質排出量の削減率低下を解明

発表日:2018.05.01

国立研究開発法人海洋研究開発機構(JAMSTEC)は、文部科学省の委託事業「宇宙航空科学技術推進委託費(キロメートル級分解能を備えた新世代大気汚染観測衛星データの科学・政策利用研究:オゾン・PM2.5問題解決へ向けて)」により、アメリカ大気研究センター、NASAなどと共同で、アメリカの大気汚染物質排出量の推移を評価した。今回、主要な大気汚染物質である窒素酸化物と一酸化炭素について、JAMSTECが実施したデータ同化計算による推定結果を中心的に利用し、アメリカ環境保護庁(EPA)による各種統計情報を用いた推計値との比較を行った。その結果、2011~2015年の排出量の削減率は、従来考えられていたよりも著しく低く、アメリカ政府および自治体による大気汚染改善の目標が達成されていないか、もしくは遅れている可能性があることが明らかになった。

新着情報メール配信サービス
RSS