環境省、生物多様性条約第14回科学技術助言補助機関会合(SBSTTA14)の結果を公表

発表日:2010.05.25

環境省は、平成22年5月10日(月)~21日(金)に、ナイロビ(ケニア)で開催された「生物多様性条約第14回科学技術助言補助機関会合(SBSTTA14)」の結果を公表した。同会議の主な議題は、1)地球規模生物多様性概況第3版(GBO3)、2)2010年以降の成果重視型の最終目標及び目標の検討(ポスト2010年目標)、3)保護地域、4)持続可能な利用、5)海洋と沿岸の生物多様性、6)生物多様性と気候変動、7)農業の生物多様性、8)バイオ燃料、9)世界植物保全戦略の改定、であった。会合の結果、合計18の勧告案が科学技術的観点から検討され、勧告(一部留保が付いたものを含む)が採択された。なお、これらの勧告は同年10月に我が国で開催されるCOP10において検討される予定という。

新着情報メール配信サービス
RSS