環境省、生物多様性条約の実施に関する第3回作業部会(WGRI3)の結果を公表

発表日:2010.06.01

環境省は、平成22年5月24日(月)~28日(金)に、ケニアのナイロビで開催された「生物多様性条約の実施に関する第3回作業部会(WGRI3)」の結果を公表した。同会合では、2010年以降の条約の戦略計画(ポスト2010年目標を含む)、国連生物多様性の10年、ビジネスと生物多様性、資金動員戦略の実施等について議論が行われた。その結果、全部で12の勧告(一部留保が付いたものを含む)が採択され、このうち11の勧告は、同年10月に我が国で開催されるCOP10における決定を勧告するものであった。具体的には、「2010年以降の条約の戦略計画」では、ビジョン(2050年目標)、戦略計画のミッション(2020年目標)、20の個別目標(ターゲット)等の案が一部に留保が付されてCOP10に勧告されることになったほか、「生物多様性の10年」(2011年から2020年)に関する国連総会決議への招請をCOP10で決定するよう勧告された。

新着情報メール配信サービス
RSS