三井造船(株)、オゾン利用によるバラスト水処理システムが適合証明書を取得

発表日:2011.06.28

三井造船(株)は、(社)日本海難防止協会と参画企業5社とで共同開発した、オゾン利用によるバラスト水処理システムが、2011年6月6日付で、日本政府より適合証明書を取得したと発表した。これは、IMO(国際海事機関)で採択された「船舶バラスト水及び沈殿物の制御及び管理のための国際条約」で規定している「バラスト水管理システムの承認に関するガイドライン(G8)」に基づいて精査されたもの。同システムは、オゾンの酸化力による化学的な殺滅処理と、バラスト水配管の途中に設けられたスペシャルパイプ(流れを遮断する方向に配置された2枚の間隙板)の物理的な殺滅処理とを複合化し、その相乗効果で高い殺滅効果を発揮するとともに、オゾンとバラスト水中の物質との反応で生成される残留オキシダントによる長期間の殺菌作用を併せ持っている。また、オゾンをマイクロバブル化して注入することで、吸収効率やプランクトン等への接触効率を高めており、排水時には、バラスト水中に残留する有害物質を活性炭で除去するため、環境への影響がないという。

新着情報メール配信サービス
RSS