環境省、都市計画道路甲府外郭環状道路北区間に係る環境影響評価書に対する環境大臣意見を提出

発表日:2012.10.26

環境省は、環境影響評価法に基づき、「都市計画道路甲府外郭環状道路北区間」に係る環境影響評価書について、平成24年10月26日付けで国土交通大臣等に対し、環境大臣意見を提出した。同事業は、山梨県の甲府都市圏の環状道路の一部として、同圏内の交通渋滞の緩和を図るとともに、アクセス性の向上による観光産業や地場産業の支援による地域活性化に寄与することを目的としたもの。今回の環境大臣意見では、同事業の事業実施区域とその周辺には、秩父多摩甲斐国立公園が存在するとともに、希少動植物が確認されていることから、以下の指摘がなされた。1)地下水位の低下等に確実な対策を実施するとともに、温泉の状況の把握に努める、2)キクガシラコウモリやオオタカについて、適切に環境保全措置を実施する、3)景観資源として秩父多摩甲斐国立公園を加える、4)トンネル工事に伴う残土の有効活用の際は、搬出先及び搬出先ごとの搬出量を把握する、5)温室効果ガスの排出量削減に努める。

情報源 環境省 報道発表資料
機関 環境省
分野 地球環境
ごみ・リサイクル
自然環境
環境総合
キーワード 環境省 | 温室効果ガス | 地下水 | 環境保全 | 環境影響評価 | 景観 | 山梨県 | 環境大臣意見 | 希少動植物 | 秩父多摩甲斐国立公園
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS