環境省、(仮称)江差風力発電事業に係る環境影響評価準備書に対する環境大臣意見を公表

発表日:2019.06.21

環境省は、(仮称)松前町札前ウィンドファーム事業に係る計画段階環境配慮書に対する環境大臣意見を、経済産業大臣に提出したと発表した。同事業は、江差ウインドパワー(株)が、北海道檜山郡江差町において、既設の定格出力750kWの風力発電設備28基(総出力21,000kW)について、既設の風力発電設備を全て撤去し、総出力は増加させずに、定格出力3,400kWの風力発電設備7基に削減更新するもの。環境大臣意見では、1)バードストライク調査等の事後調査を適切に実施し、接触等の影響が認められた場合は、専門家等の助言を踏まえて追加的な環境保全措置を講ずること等を求めている。

情報源 環境省 報道発表資料
機関 環境省
分野 環境総合
キーワード 環境省 | 北海 | 環境大臣意見 | 計画段階環境配慮書 | 経済産業大臣 | 江差ウインドパワー | 道檜山郡江差町 | 風力発電設
関連ニュース

関連する環境技術

新着情報メール配信サービス
RSS