農水省など、サステナウィーク「未来につながるおかいもの」の開催概要を紹介

発表日:2020.09.11

農林水産省は、消費者庁及び環境省と連携し、サステナウィーク「未来につながるおかいもの」の開催を紹介した。これは、「あふの環2030プロジェクト~食と農林水産業のサステナビリティを考える~」(あふの環2030)が、第75回国連総会の開催される2020年9月17日から27日に、サステナウィーク「未来につながるおかいもの」を実施するもの。同ウィークでは、生活者の方々に、食と農林水産業のサステナビリティを広く知らせるため、あふの環プロジェクトメンバーがそれぞれ自慢のサステナビリティの取組を発信・実行する。また、UNEP(国連環境計画)あふの環ダイアログ~サステナブルな社会へ向けて~や、ローカルSDGsのデザイン~地域循環共生圏のつくり方~、食と環境を考える1億人会議2020など様々なイベントも開催するという。

情報源 農林水産省 報道発表資料
消費者庁 お知らせ
環境省 報道発表資料
機関 農林水産省 消費者庁 環境省
分野 環境総合
キーワード 環境省 | 農林水産省 | 国連環境計画 | 国連総会 | 消費者庁 | サステナウィーク | 未来につながるおかいもの | あふの環2030プロジェクト | 食と農林水産業のサステナビリティを考える | あふの環2030
関連ニュース

関連する環境技術

新着情報メール配信サービス
RSS