環境省、(仮称)能代山本広域風力発電事業に係る環境影響評価準備書に対する環境大臣意見を提出

発表日:2020.12.25

環境省は、(仮称)能代山本広域風力発電事業に係る環境影響評価準備書について、令和2年12月25日付けで経済産業大臣に対し環境大臣意見を提出した。同事業は、白神ウインド(同)が、秋田県能代市及び山本郡八峰町において、最大で出力105,000kWの風力発電所を設置するもの。今回の環境大臣意見では、1)風車の影による生活環境への環境影響が十分に低減できていないと判断された場合には、稼働を制限する天候、季節、時間帯等の条件及び稼働を制限する風力発電設備を見直す等の追加的な環境保全措置を講ずること、2)事後調査により、ガン・ハクチョウ類の衝突や渡りのルートの変更による確認羽数の変化等が認められた場合は、その結果及び事業者立ち上げによる協議会又は有識者ヒアリング等からの助言を踏まえ、風力発電設備の撤去又は鳥類との衝突等のおそれがある季節・時間帯等の稼働調整等を含めた追加的な環境保全措置を講ずること等を求めている。

情報源 環境省 報道発表資料
機関 環境省
分野 環境総合
キーワード 環境省 | 秋田県 | 風力発電所 | 環境大臣意見 | 経済産業大臣 | 環境影響評価準備書 | 能代市 | 能代山本広域風力発電事業 | 白神ウインド | 八峰町
関連ニュース

関連する環境技術

新着情報メール配信サービス
RSS