環境省、国土交通省及び林野庁、「グリーンウェイブ2011」の実施結果を発表

発表日:2011.08.10

環境省、国土交通省及び林野庁は、「グリーンウェイブ2011」の実施結果を発表した。この取組は、生物多様性に関する認識を広め、生物多様性の保全と持続可能な利用を促進するとともに、「国際森林年」及び「生物多様性の10年」に対する機運を高めることなどを目的に、生物多様性条約事務局の呼びかけに応じて実施されたもの。国連が定めた「国際生物多様性の日(5月22日)」を中心に、平成23年3月1日(火)より6月15日(水)までの期間、全国各地で植樹等が行われた結果、42都道府県の383団体、約28,000人の参加により、約79,000本の植樹が行われたという。なお、生物多様性条約事務局のグリーンウェイブのWEBサイト(http://greenwave.cbd.int/ja/node/2)では、「国際生物多様性の日(5月22日)」に世界各地で行われた行事の情報を共有することができる。

新着情報メール配信サービス
RSS