環境省、諫早湾干拓事業の潮受堤防の排水門の開門調査に係る環境影響評価書に対する環境大臣意見を提出

発表日:2012.09.25

環境省は、開門アセス要領に基づき、諫早湾干拓事業の潮受堤防の排水門の開門調査に係る環境影響評価書について、平成24年9月25日付けで農林水産大臣に対し、諫早湾を含む有明海の環境の変化を把握するために実施する環境把握調査の適切な実施及び調査結果の公表等を求める環境大臣意見を提出した。同調査は、開門により有明海の環境にどのような変化や影響が生じるかを調査するもの。今回の環境大臣意見では、環境変化を的確に把握可能な調査内容となっているかという観点から意見を述べるとともに、開門により生じるおそれのある環境への影響を可能な限り回避・低減し、それが困難な場合には代償措置を講じることにより、環境保全を図る必要があること等を指摘している。主な内容は、1)開門に伴う環境変化を把握するための調査、2)調整池の環境負荷の改善、3)調整池の生態系、4)渡り鳥などの鳥類、5)環境の保全への配慮、6)予測結果と大きな相違が生じた場合の措置、7)環境把握調査の結果の公表等、である。

情報源 環境省 報道発表資料
機関 環境省
分野 自然環境
環境総合
キーワード 渡り鳥 | 生態系 | 環境負荷 | 環境省 | 環境保全 | 環境影響評価 | 環境大臣意見 | 諫早湾 | 有明海 | 開門
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS