環境省、猿払村及び浜頓別町における風力発電事業に係る計画段階環境配慮書に対する環境大臣意見を提出

発表日:2014.04.18

環境省は、北海道で計画されている猿払村及び浜頓別町における風力発電事業に係る計画段階環境配慮書について、平成26年4月18日付けで経済産業大臣に対し環境大臣意見を提出した。同事業は、エコ・パワー(株)が、最大で総出力250,000kWの風力発電設備を設置するもの。同事業の事業実施想定区域は、ラムサール条約に基づく湿地であるクッチャロ湖をはじめ湿原が広がる自然環境保全上、重要な地域であり、絶滅のおそれのある動植物種も多数生息している。今回の環境大臣意見では、5箇所の事業実施候補区域(A区域―E区域)のうち、コハクチョウ等の渡り鳥の飛行経路の下になっているB区域・C区域、オオワシやオジロワシ等の猛禽類の生息環境になっているE区域について、調査予測の結果、重大な環境影響が生じる場合には、事業実施候補区域の選定から除外する等、計画の見直しをすることを求めている。また、その他の区域についても、動植物類、景観、重要な地形等への影響を把握し、重大な環境影響がある地点を避けること等を求めている。

情報源 環境省 報道発表資料
機関 環境省
分野 地球環境
自然環境
大気環境
水・土壌環境
環境総合
キーワード 風力発電 | 渡り鳥 | 環境省 | 湿地 | 環境影響評価 | 環境大臣意見 | 環境配慮書 | 猛禽類 | エコ・パワー | クッチャロ湖
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS