全国環境研会誌
(Online edition:ISSN 2424-1083 Print edition:ISSN 1346-4965)

「全国環境研協議会」が編集・発行してきた季刊「全国環境研会誌」(全国公害研会誌を含む)の電子ジャーナル化に伴い、環境展望台にVol.41 No.1(2016) 以降の会誌を掲載しています。
※従来は前年分までを掲載し年単位での更新となっていましたが、電子ジャーナル化を期に未掲載分を掲載しました。
地方環境研究所(67機関)との連携および環境情報の提供に係わる取り組みの一環として、今後も最新号を3月、6月、9月、12月に公開していく予定です。

キーワードから探す

絞り込みオプション ▼

【1666件】

1/84ページ


[巻頭言]現在の世界情勢の中で思うこと

廣畑 昌章(熊本県保健環境科学研究所長)
47巻2号1頁 2022年

[報文]横浜市の河川における生物指標による水質評価及び外来種の動向

本山直人・玉城大己・川田 攻・小島 淳・市川竜也(横浜市環境科学研究所)
47巻2号15-20頁 2022年

[報文]福岡市における有害大気汚染物質モニタリング調査結果の解析

副田大介・佐野七穂・松本弘子(福岡市保健環境研究所)
47巻2号21-26頁 2022年

[報文]飛灰処理物中六価クロム化合物試験法の検討について

齋藤 真・藤田裕美(新潟市衛生環境研究所)
47巻2号27-31頁 2022年

[報文]季別運転を行う下水処理場放流水が流れ込む堂面川及び有明海における栄養塩類調査

柏原 学・秦弘一郎・松木昌也・古賀敬興・古閑豊和・平川周作・志水信弘・石橋融子(福岡県保健環境研究所);宮脇 崇(北九州市立大学);山西博幸(佐賀大学)
47巻2号32-38頁 2022年

[巻頭言]変化することこそ、持続可能な環境に

百瀬英雄(横浜市環境科学研究所長)
47巻1号1頁 2022年

[報文]水生生物の保全に係る水質環境基準の指標となる魚種の生息状況調査における環境DNA分析の可能性

平川周作・中島 淳・松木昌也・古賀敬興・秦 弘一郎・柏原 学・古閑豊和・石間妙子・金子洋平・志水信弘・松本源生・石橋融子(福岡県保健環境研究所);宮脇 崇(北九州市立大学)
47巻1号19-24頁 2022年

[報文]長崎県における微小粒子状物質(PM2.5)の成分濃度の特徴について

前田卓磨(長崎県環境保健研究センター);土肥正敬・田中雄規(長崎県県北保健所)
47巻1号25-30頁 2022年

[報文]小名浜地区における車両の変色調査

後藤義智・瀬川 清・佐川浩三・鈴木夏奈・河野友希(いわき市環境監視センター)
47巻1号31-33頁 2022年