イギリス環境・食糧・農村地域省、エセックス州バジルドンに345ヘクタールの自然保護区を指定

発表日:2019.03.21

イギリス環境・食糧・農村地域省(Defra)は、エセックス州バジルドンのラングドンリッジ周辺約345ヘクタールを新たに特別学術重要地域(SSSI)に指定すると発表した。SSSIは、特に重要な野生生物や地質、地形を有する地域の保護のために指定される。ラングドンリッジ周辺の草原や林地には、ノハラナデシコやヒメチャマダラセセリなど植物や昆虫の希少種が生息している。同地はロンドン中心部から25マイル圏内にあり、バジルトンからも訪れやすい。都市部に隣接しているため、地域住民が自然と触れ合い心身の健康を維持するのにも重要だという。新SSSIには、ダントン・プロットランド自然保護区、ラングドン・ヒルズ・カントリーパークなど、地域で親しまれている自然区が含まれる。生息地の分断という保全上の主要課題に対処するため、生息地を緑の回廊でつなぎ、地域の自然環境が全体として用いられるようにする。イギリスは2019年を「グリーン・アクション年」とし、一年を通じて自然の保護や国民の自然とのつながりを強化していくとしている。

情報源 イギリス環境・食糧・農村地域省(Defra) ニュース記事 
SSSIについて
国・地域 イギリス
機関 イギリス環境・食糧・農村地域省(Defra)
分野 自然環境
キーワード 野生生物 | 植物 | 自然環境 | イギリス環境・食糧・農村地域省 | 自然保護区 | 昆虫 | 特別学術重要地域 | ラングドンリッジ
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS