大阪ガス、京都市に移動式水素ステーションを完成

発表日:2016.02.19

大阪ガス(株)は、京都府で初めてとなる移動式の水素ステーション「上鳥羽水素ステーション」が京都市に完成し、2016年3月30日に開所すると発表した。移動式水素ステーションは、水素を供給する設備を搭載したトレーラーを専用スペースに駐車して水素を燃料電池自動車(FCV)に販売するステーション。今回完成した水素ステーションでは、都市ガスから水素を製造する装置を設置している北大阪水素ステーションで製造した水素を運搬し供給する。北大阪水素ステーション(マザーステーション)と上鳥羽水素ステーション(ドーターステーション)を一体運用する「マザー&ドーター方式」を確立することで、北大阪水素ステーションの稼働率を向上し、より効率的な運用を目指す。同社では、今後もFCVの普及に向けた水素供給インフラ設備の運営やコンパクト水素製造装置の開発を進め、低炭素社会の実現に貢献していくという。

新着情報メール配信サービス
RSS