環境省、南米原産の有毒アリを国内で初めて確認されたことを発表

発表日:2017.06.13

環境省は、兵庫県尼崎市において、南米原産の有毒アリが国内で初めて確認されたことを発表した。確認されたアリは、特定外来生物のヒアリ(Solenopsis invicta)で、体長は2.5~6mm程度、体色は主に赤茶色の有毒のアリ。世界では北米や中国、フィリピン、台湾等にも外来生物として侵入・定着しており、世界各地で大きな問題となっている。平成29年5月26日に、中国・広東省広州市の南沙港から出航した貨物船内のコンテナ(1個)が、神戸港に陸揚げされた際にヒアリのコロニーが発見された。近畿地方環境事務所は、通関業者にアリのサンプル送付とコンテナの燻蒸消毒を依頼しつつ、専門機関による種の同定を進めたところ、同年6月9日にヒアリであることが確認された。同省では、確認地点に捕獲トラップ等を設置し、ヒアリの侵入がないか緊急調査を実施するとともに、個体の発見情報の収集を進めている。現時点では、当該地域周辺に定着し繁殖している可能性は低いという。

新着情報メール配信サービス
RSS