カナダ政府、遺伝子を利用した新たな環境モニタリング技術の開発を支援

発表日:2014.11.18

カナダ政府は、環境モニタリングにおける新たな技術開発の研究支援のために28万ドルを拠出すると発表した。この助成金は、ニュー・ブランズウィック大学の「カナダ河川研究所」(UNB-CRI)に提供され、費用対効果が大きく精度の高い、遺伝子を利用した新たなモニタリング技術の研究に利用される。世界初のこの技術は、「カナダ水生バイオモニタリングネットワーク」(CABIN)プロトコルに従い、「共同オイルサンド・モニタリングプログラム」の水質モニタリングに焦点を合わせたもの。CABINの訓練と認定を通じ、流域の科学調査を実施する諸機関(ボランティア、北米先住民族、研究者、企業など)は、生態系の健全性についてカナダ全域で一貫性ある確かなデータを収集できるようになるという。アッシュフィールド下院議員は、「環境モニタリングにおける新たな技術革新を支援するための政府の投資が、研究者に、より効果的で正確なツールを提供し、カナダの生態系の長期にわたる持続可能性を保証する」と述べた。

新着情報メール配信サービス
RSS