オランダ環境評価庁、「Global Land Outlook第2版」シナリオにおける土地再生の可能性について研究を実施

発表日:2021.06.04

オランダ環境評価庁は、世界および地域レベルでの土地再生の潜在的な効果を定量化する研究を実施した。同研究では、2050年までの世界の土地利用に関するベースライン、再生、再生と保護の3シナリオを作成して分析することで、土地劣化の範囲とリスクを明らかにするとともに土地再生の可能性を推定した。土地再生は様々な利益を同時にもたらす可能性があり、持続可能な開発に向けて高度に統合された解決策であり、土地の使用、管理、保護の方法は、国連条約や、持続可能な開発目標の多くを達成するための中心的要素である。土地再生の対策を促進するためには、各国が既存の政策や制度に同対策を組み込む必要があり、生産、サプライチェーン、消費パターンの変化と組み合わせることでより大きな利益を得て、土地再生の可能性をさらに高めることができる。同研究は国連砂漠化対処条約(UNCCD)の要請を受けて再生シナリオを検討したものであり、2021年後半に発行される「Global Land Outlook第2版」の中心的な内容となる。

新着情報メール配信サービス
RSS